差し乳と溜まり乳の乳腺炎について

赤ちゃんが生まれたら、ママたちは授乳に追われることになります。この授乳における母乳の出方にも個人差があり、その傾向にしたがって、「差し乳」、「溜まり乳」と呼ぶことがあります。

この差し乳、溜まり乳と乳腺炎の関係について考えてみましょう。

「差し乳」「溜まり乳」とは?

「差し乳」とは、一般的に、普段あまり張らないばかりでなく、授乳時間を空けたとしても張らないおっぱいです。ただ、母乳が作られていないということではなく、赤ちゃんが飲み始めると急に張ったようになり、一気に母乳が出ます。

一方の「溜まり乳」は、ずっと母乳が造られていることで、乳房に母乳が常に溜まっているというおっぱいです。赤ちゃんが飲んでも飲まなくても、常におっぱいが張っているのが特徴です。

乳腺炎とは?

乳腺縁というのは、文字通り乳腺に何らかの原因があって生じる炎症です。そのため、乳房が赤く腫れたり、痛み、しこり、膿が見られることもあります。

いろんな原因がありますが、多いケースのひとつに、古い母乳がおっぱいに残ってしまって、乳腺を詰まらせてしまうことがあります。

古い母乳だけでなく、食生活で糖質・脂質が多いと母乳の粘度が高くなり、乳腺にへばりついたり固まったりして詰まるケースもあります。

「差し乳」「溜まり乳」における乳腺炎

差し乳のママでの場合は、まずは母乳を出さないと乳腺炎のリスクがあることを自覚しなくてはなりません。差し乳でもおっぱいに母乳が残っていると乳腺炎になることはあります。そのため、赤ちゃんにあげないにしても搾乳は行いましょう。

一方、溜まり乳タイプの方は、母乳をちゃんと出せないと、乳腺に古い母乳が溜まってしまうために乳腺炎が生じることがあります。軽い症状であれば授乳や搾乳をして様子を見て、あまりに強く症状が出るようなら医療機関で診察を受けましょう。

注意が必要なのは、差し乳、溜まり乳が片方ずつある場合です。こういった場合、ついつい溜まり乳の方でばかり授乳してしまいますが、差し乳側でも母乳は作られているので詰まってしまい、乳腺炎になることもありますから、バランスよく授乳するようにしてください。

コメントは受け付けていません。