授乳中の乳首の痛みや傷について

赤ちゃんが生まれたばかり、ママも授乳を始めたばかり・・・というとき、よく発生しやすいのが、授乳中の乳首の痛みや傷です。どちらも「慣れていない」のが原因なのですが、それにしてもママとしては、「おっぱいをあげたい」、「でも乳首が痛くてあげたくない」という正反対に揺れ動く心をかかえ、ジレンマに陥ってしまい、ついには授乳を断念してしまう人もいるようなのです。
せっかく、母乳育児で頑張っていこうと決心したのに、これは大変もったいないことですね。では、どうしたら痛みなく、赤ちゃんもママも幸せな母乳育児ができるようになるのでしょうか。

痛みの原因は乳首にある?

ママが初めての母乳育児をするとき、乳首の痛みが辛抱できない・・・というのは非常にわかります。そして、この乳首の痛みが授乳している間ずっと続くのではないかと考えがちな場合には特に、恐怖心を持ってしまうのかもしれません。
本当は、乳首の痛みというのは、赤ちゃんもママも母乳育児に慣れてきた頃にはすっかり影をひそめるものなのです。それはいつごろなのかというと、およそ生後半月から1ヶ月弱といわれます。ですが、初めての母乳育児をしようとするママにとっては、授乳のたびに痛みに襲われることを「恐怖」にさえ感じてしまいます。では、「乳首の痛み」の原因とは何なのでしょうか。
「赤ちゃんが吸着のしかたに慣れていないから?」
「それとも、自分の乳首に何か問題がある・・・?」
これは、どちらにも可能性があります。まずは、赤ちゃんの吸着のしかたから見ていきましょう。

赤ちゃんの吸着のしかた

まずは、赤ちゃんの吸着のしかたですが、赤ちゃんが乳首だけを口先で吸っていると、乳首の痛みにつながります。では、正しい吸着法を赤ちゃんに覚えてもらいましょう。
正しい吸着のしかたとは、赤ちゃんの顔とおっぱいが真正面で向き合うことが大事です。そして、口先だけでなくあごから口のまわりの筋肉全体を使って、吸えるようになるとよいのです。正しい吸着ができている赤ちゃんは、まるで何かを食べているようにさえ感じさせるものです。というのも、正しい吸着法は、あご全体で吸着しているため、乳首に
負担をかけません。ですから、ママも痛くなく、おっぱいを存分に飲ませてあげることができるというわけなのです。

乳首の硬さが原因のとき

初めての母乳育児の場合は特に、乳首が硬めのママも少なくありません。乳首が硬いと、吸着したときに「痛み」として感じてしまうのも無理は
ないでしょう。この場合には、乳首が柔らかくなるように揉みほぐしてから母乳をあげてみましょう。
方法はどんなでも、とにかく乳首が柔らかくなればよいわけで、ママ本人が痛くないやり方を実践してよいのです。なお、この方法は、乳首に傷がない場合に有効です。

乳首に傷があって痛むとき

傷があると、どうしても授乳時に痛みが発生しますので、とにかく傷を治すことを最優先に考えます。傷を早く治すには、病院で傷が早めに治癒するような軟膏を処方してもらい
その上からラップをかぶせておきましょう。ラップをかぶせるのは、傷が早く治りやすいからなのです。でも、薬を使うのは控えたいという場合は、バーユなどの動物性のオイルか、オリーブオイルやスクワランオイルを乳首にぬり、やはりラップをかぶせておきます。なお、ラップをかぶせるのは長くて3日間までにしましょう。それ以上ラップをかぶせ続けると、カビが発生することがあり、赤ちゃんの授乳にも不衛生となります。

オイルを塗るタイミングは授乳のあとです。オイルを塗ってラップをかぶせておきましょう。この作業は、授乳のたびに繰り返すことになりますが、オイルが自然由来のものであれば、授乳前にふき取ったりする必要はありません。もし気になるのであれば、ぬるま湯につけたガーゼなど肌触りの柔らかい布でやさしくふき取りましょう。

コメントは受け付けていません。