ハーブティーとカフェインの関係

ハーブティーが人気を集める理由のひとつは、ノンカフェインのお茶であることが挙げられます。コーヒーや紅茶、緑茶、ほうじ茶などにはカフェインが多く含まれていますので、妊娠中や体質的にカフェインが苦手な方にはハーブティーがオススメです。ほかにも、ハーブティーにはハーブの種類によって多くの効果を期待でき、当サイトで紹介しているように、母乳の出を良くするハーブだったり、健康や美容のためにも愛飲される方が多いようです。

カフェインについては、コーヒーが代表格として話題に上りますが、上記の通り、一般的に飲まれているお茶の多くはカフェインを含んでいます。カフェインは摂取過剰こそ体に毒となりますが、集中力を高めたり、疲労を感じさせなくする効果や代謝を高める効果もあります。
胃を傷めたり、過度の興奮状態を引き出して体に害になるケースというのは、適量を守れずに過度に飲用される場合がほとんどです。中毒性が心配される部分がありますので、意識的に節制しながら飲むとよいでしょう。ですが、上記のことはあくまで一般的な話であって、子どもや妊婦さんにはこうしたカフェインの悪影響が出やすいとされています。

基本的に妊婦さんや子どもに対しては、そうしたカフェインの多く入った飲料が勧められることはありません。こうした時期はノンカフェインの麦茶や穀物茶、ルイボスティーなどが勧められます。では、ハーブティーはどうなのかということなのですが、ハーブティーであれば全てノンカフェインかというと、そうではありません。また、ノンカフェインであっても、妊娠中には飲むべきでないものもあります。

妊娠中に良い効果が見られ、カフェインの心配の無いものとしてはタンポポがあり、タンポポ茶やタンポポコーヒーの形で提供されています。ハーブというと西洋の植物ばかりを考えがちですが、ルイボスティーに使われるルイボスや、タンポポもハーブに属しています。できれば専門店でお店の人と相談して選ぶと間違いが無く良いでしょう。

カフェインは妊娠中は気をつけるべきものではありますが、わかってお茶やコーヒーを楽しむことができるのなら、怖がることもありません。もしもカフェインに心配があったり、体質に合わない方はカフェインレスのハーブティーを楽しむようにすると良いのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。