ハーブティーのQ&A

母乳育児で頑張るママに助けとなるのが、ハーブティーですがそのハーブティーのQAについてご紹介します。ハーブティーとひとくちにいっても、初めて飲むママや、何を飲んでいいのかわからないというママ、いらっしゃると思います。
そんなハーブティーのビギナーさんでも、安心してハーブティーを利用できるようまずは、疑問の解決から始めていきましょう。

ハーブティーを飲むときどうしたらいい?

ハーブティーをいざのもうと思っても、慣れないママにとっては赤ちゃんと自分の体のためにも、注意したほうがよいも点ももちろん、あります。それらを整理してみましょう。

1.一日にハーブティーを飲んでいい量とは?
⇒薬ではありませんので、基本的には普通のお茶のように飲んで構いません。ただ、商品によっては飲む量に規制があるかもしれませんので、商品の注意事項を守りましょう。特に、注意事項の記載がない場合でも、カップに3~4杯程度と考えればいいでしょう。

2.ハーブティーにカフェインは含まれている?
⇒ハーブティーには、カフェインを含んでいないものが多くあります。ただし、緑茶、紅茶と一緒にブレンドされている場合には、緑茶・紅茶のカフェインを一緒に摂取してしまいますので、内容をよく確認しましょう。

3.薬を服用中でもハーブティーは飲んでもいいの?
⇒ハーブティーは薬ではありませんが、普通のお茶にはない特別の効能があります。そのため、薬を処方してくれた医師に相談してから飲むようにしたほうがよいでしょう。心配ないという指示であったとしても、薬の服用時にハーブティーで飲むことは避けましょう。

4.ハーブティーは子供が飲んでもいいの?
⇒海外の習慣として昔から、赤ちゃんや子供にカモミールティーを飲ませるということがよく言われます。ハーブはお茶だといっても、基本的には小さなお子さんの飲用は控えたほうがよいとされることが日本では多いようです。

たとえ、お子さんに適しているカモミールティーでも、薄めて飲む、牛乳を入れて薄めるという工夫をするとよいでしょう。目安としては、大人が飲むハーブティーを3倍に薄めるとよいでしょう。

5.自分に合うハーブティーの見つけ方は?
⇒「自分に合うかどうか?」は、「自分の今の悩みや症状を改善できるかどうか?」と考えたほうがよいでしょう。ただ、ハーブティーは大変種類が多くあります。そのため、症状やお悩みに特化して選んだとしても、何種類かあるでしょう。

そのなかで、味、香りが好きなものを選ぶのが、最も失敗がない方法です。1種類しかなく、味や香りが好みでない場合、飲みにくく感じるときがあります。その場合には、カモミール、ローズヒップなどの好みのものとブレンドしてみてください。どんな場合でも、個人的な体質が影響しますので、初めて購入する茶葉は少量にし、自分に合うかどうかを見極めていきましょう。

6.ハーブティーの保管方法は?
⇒ハーブティーの茶葉を保存するときには、通常の緑茶などの茶葉を保存するときと同じで大丈夫です。具体的には、湿気や光をさえぎる容器に入れ、高温とならないような場所に置いておきましょう。香りを飛ばないようにするためには、密閉容器を利用し、乾燥剤を入れておくのもよいアイディアです。夏場は冷蔵庫へ、長期保存の場合には冷凍庫が最適です。

7.ハーブティーが飲みにくい場合は?
⇒初めて試すものは、どうしても飲みにくいと感じてしまうもの。そういう場合は、薄めに入れてみましょう。または、紅茶をいただくときのように、ミルク、レモン、はちみつなどの甘みを足すことで、飲みやすくなります。

なお、薄めに入れたい場合には、茶葉の量は規定量から減らさずに、蒸らす時間を少なくします。さらに薄くしたいときには、茶葉の量を減らしてみましょう。

 

以上、ハーブティーに関するQ&Aでしたが、どんなハーブティーを飲む場合にも、注意事項はよく守って、ママと赤ちゃんの幸せな健康ライフを送ってくださいね。

コメントは受け付けていません。