母乳育児に自信を失くしているママに伝えたいこと

めでたく無事に出産を終え、母乳育児を頑張ろうと思っていたのに、「想像と違う」現実に直面しているママ、いませんか?母乳育児に自信を失くしているママに伝えたいこと、次にご紹介したいと思います。

母乳育児で陥りやすい落とし穴

入院中にミルクを与える練習をした

母乳育児で頑張ろうと思っていたけれど、病院や産院でミルクをあげる練習をしたという人は多いと思います。「哺乳瓶はこうして消毒して、ミルクをこう測ってお湯の温度は・・・」と教わると、何となく「母乳の出ないときはミルクをあげなければいけない」つまり、「ミルクを足してでも、おなかをいっぱいに満たしてあげるべき」という考えに至る人が多いようです。

しかし、赤ちゃんが母乳だけで体重が順調に増えているなら、それほどお腹がいっぱいになったかどうかを心配することはありません。ここで言いたいことは、病院や産院というのは、「万が一」のときを考えて、教えるべきことは入院しているうちにすべて教えてしまおうという考えでしかない、ということです。
つまり、ママが「母乳育児で素晴らしい育児をわが子に」と、決心していようがいようまいが、まったくお構いなしなのです。けれども、ママが重篤な病気で投薬や手術が必要で、何日も赤ちゃんに会えない・・・というようなどうしても母乳をあげられない状態に陥ったのであればそれはいたしかたありません。
しかも、人というのはいつ重篤な病気に倒れるかしれません。病院や産院は、そういう非常に特異な状態になってしまったときのことまで考えて、教えてくれているということなのです。

ミルクを与えないと心配

上記のことを踏まえて、母乳だけではなんとなく心配だということでミルクとの混合栄養にしている人もいますね。こうなると母乳を与える回数が減ってしまいます。母乳というのは、与えたら与えた分だけ生成されます。ということは、母乳を与えずミルクに代替すると、その分生成量が減ってしまうのです。

すると、「母乳の出が悪いみたい。ミルクを足さなくては」となり、ミルクの量がどんどん増えていきます。赤ちゃんが一日に飲める量というのは、限られていますので、ミルクでお腹がいっぱいになると、おっぱいを吸う量が減っていきます。
おっぱいは赤ちゃんが吸わないと出てきません。ということは、おなかがいっぱいの赤ちゃんは、おっぱいを吸うということ自体、次第に消極的になっていきます。おっぱいの生成量が減る、赤ちゃんも吸わないとなると、ますます「母乳の出がよくない」→「ミルク量を増やす」という悪循環に陥ります。

ミルクを与えなくても、母乳だけで体重が減ったりしておらず、順調に増えていれば、やみくもにミルクを足さなくても大丈夫なのです。ただし、病気などで吸う力が弱まっているなどの場合は、別です。できれば、哺乳瓶に搾乳して母乳優先であげてくださいね。

コメントは受け付けていません。