母乳育児に葉酸は欠かせない

赤ちゃんの発達を促進させるのによい「葉酸」という栄養素がよく聞かれます。母乳育児をしているときには、特に、ママが摂取することで、母乳に葉酸が含まれる母乳になるということになります。赤ちゃんの成長発達に欠かせない葉酸ですが、母乳育児になぜ葉酸は欠かせないのか、詳しく見ていきましょう。

母乳がどんどん生成される?

母乳の生成を促進させるとして、諸文献に書かれているといわれる「葉酸」なのですが、これはなぜなのでしょうか。実は、母乳育児の前、妊娠をしたいと希望する女性の不妊への対策として葉酸は勧められるものでもあります。

また、妊婦さんや胎児にとってもよい効果が期待できるということで推奨されるべき栄養素であるといえます。このことは、医学界ではすでにもう常識といえるほど広まっており、厚生労働省からも「葉酸」の摂取を勧めているくらいなのです。

厚生労働省が葉酸をすすめる理由とは?

昨今、葉酸がどのように妊婦や胎児、赤ちゃんに成長発達において働きかけがなされるかなどという研究が行われています。実は、葉酸は、出産後、母乳育児がうまくいくようにしてくれるすばらしい栄養素なのです。ということは、葉酸のお世話になるのは、妊娠したいと希望したときから、卒乳・断乳するまでかなり長い期間であるということがいえます。それだけ葉酸は重要な栄養素であるということがいえるでしょう。

葉酸を摂取することで何が期待できる?

市販のサプリメント類でもよいのですが、1日0.4ミリグラムの葉酸を妊娠前から摂った妊婦は生まれた子供の神経管障害発症のリスクが低減されるともいわれます。神経管閉鎖障害児妊娠既往がみとめられる女性が、医師の管理下において、妊娠する前から1日あたり4ミリグラムの葉酸を摂取としたとすると、神経管障害の発症を減らすことができたということです。神経管閉鎖障害というのは、妊娠初期に発症する胎児の形成不全を引き起こします。たとえば、無脳症や二分脊椎など非常に特異とされる先天性異常全般をいいます。

そもそも葉酸って?

葉酸の働きはいったい何でしょうか。葉酸というのは、妊娠するまではそれほど聞かない栄養素だと思います。ということは、健全なお子さんを授かるためには特に必要な栄養素であることがうかがえると思います。

具体的な働きとしては、ビタミンB群の仲間となり、赤血球をつくっていくのに必要なものとなります。そして、命をはぐくむのに大事な核酸の生成にも大変大切な役割を担っているのです。このため、妊娠期、授乳期の女性に必要は量としては、一般の成人が摂取しなければならない量の2倍をとるほうがよいといわれるくらいです。

具体的な量としては、約0.8ミリグラムとなります。妊娠から出産、そして出産後にも葉酸は活躍します。なぜなら、母乳の生成にも葉酸は必要な栄養素となるからです。

食品から摂取するには?

葉酸はどんな食べ物に含まれているのでしょうか。特に、緑黄食野菜やアボカド、豆類のほか、ライ麦粉、レバーなどに含まれているといわれています。そうはいっても、葉酸というのは、水分にとけやすいビタミンB群の仲間のため、野菜などを洗うというだけで葉酸が流出してしまう可能性が高いのです。

このため、葉酸をしっかりととるためには、サプリメントを利用するといいでしょう。ただし、サプリメントにもさまざまなものがありますので、安全なものを選んで摂取するようにしたいですね。

当サイトでもオススメしているのは⇒ベルタ葉酸サプリです。葉酸について分かりやすく纏まられているので、葉酸についてさらに詳しく知りたい方も覗いてみるといいですよ。

コメントは受け付けていません。