母乳育児を阻害する環境とは

母乳育児をしたくてもできない環境が、母乳育児を阻害しているのかもしれません。母乳育児を阻害する環境にはいったいどんなものがあるのでしょうか。ママに、「母乳育児って難しい」と感じさせるような社会的な背景があるとしたら、それはどういうことなのか、また、その実態をどうしたら改善でき、ママが安心して母乳育児ができるようにするには、どんな工夫があるのか、見ていきましょう。

母乳育児は本来の自然な姿

「母乳育児」で育てるのは、本来の自然な姿であるにもかかわらず、それを「場所や目線を気にするくらいなら、粉ミルクにすればいい」と周囲が言うのはおかしいことです。「粉ミルクにすればいい」というのは、その人自身の勝手な観念であり、当事者であるママと赤ちゃんにとってはまったく関係のない、まさしく「エゴ」です。
社会には様々な人がいて、母乳育児について色々な意見を言う人もいますが、実際、ママと赤ちゃんには何も関係がないのですから、気にする必要はないと
考えましょう。それよりは、安心して授乳のできる場所をあらかじめ確保し、授乳グッズなどを利用して、ママ自身が安らいで授乳できるように工夫してみましょう。

粉ミルクっていつから使うようになった?

実は、粉ミルクというのものが育児に登場したのは、約70年ほど前です。哺乳類たる人間の歴史に比べたら、なんと短い歴史でしょうか。赤ちゃんが生まれたら、全員が母乳で育てるしかなかった時代、「粉ミルクにするか、母乳にするか」という問題さえ思いもつかないことでした。でも実は、衝撃的なことに、妊娠中の女性たちの大半は粉ミルクで育てたいと答えるそうです。
その心は、母乳で育てたいと頑張ってもできなかったとき、自分が傷つきたくないという「自分中心」の心がそういわせているのかもしれません。または、仕事への復帰を考えているため、いつまでも母乳にしていると親離れができにくいため、あらかじめ安全策をとっているのかもしれませんね。実際、保育所に預けようとすれば粉ミルクを飲んでくれないと預けられないことになってしまいます。
社会復帰が数年遅れたとしても、「母乳育児で健全で健康な子供を育てたい」という気持ちが現代のママたちに今ひとつないのは、今のママ世代の「母親たち」
の意識にさかのぼって理由を考える必要があるようです。

母親の意識が娘に伝わる

現代のママたちの母親たち、つまり、赤ちゃんの「ばあば」たちの世代の意識とはどんなものなのでしょうか。彼女達は、だいたい年齢的に今、50代前後かと推定されますが、この世代は日本における母乳育児の率が、「最も低い」時代と合致するのです。これは、日本の歴史上、「母乳育児」で育てたという人が一番少なかった時代ということになります。このため、バアバたちがママたちに「母乳育児でなくても大丈夫よ」という意識を植え付けている可能性が大きくなります。
母乳育児の大事さは、とくにCMや宣伝で広告はされません。逆に、粉ミルクのCMや宣伝は大々的にテレビなどでいやおうなく、耳や目に入ってきます。さらには、外出先で母乳をあげようとするママは、人目をはばかってあげているため、あまり人目に触れません。このことから、「母乳育児の人は少ない。みんな粉ミルクにしているらしい」という錯覚に陥ってしまうことも考えられます。
実は、デパートや施設のなかには、授乳室というのがきちんと設けられているので、母乳育児をされているママたちはそこに入って、母乳をあげているのですね。
だから、人目に触れないでいるだけなのです。また、人目のあるところでも母乳をあげられるようにするケープが市販されています。このケープがあると、人目が気になるところでも気にせず、母乳をあげることができます。ちなみに電車では「女性専用車両」に乗車すれば、安心して授乳できますよ。

コメントは受け付けていません。