添い寝で注意しなければいけないこと

添い寝をしながら授乳することもあるかと思いますが、添い寝で注意しなければいけないことがあります。どんなことに注意していけばいいのでしょうか。早速みてみましょう。

添い寝をしながら授乳するって?

添い寝をしながら授乳することを「添い乳」などともいいます。これは、ママが赤ちゃんと同じお布団で寝た状態のまま、授乳することをいいます。

メリットとしては、ママも寝ながら授乳ができ、また、赤ちゃんもそのまま寝てしまうことも多く、ママ、赤ちゃんともに疲れたときに重宝します。

添い乳の手順

抱っこしながらの通常の授乳とは違うため、手順を覚えておくと、思わぬトラブルを防ぐことができます。

①まず、赤ちゃんと向き合う形で寝ます。そして、赤ちゃんは横向きにして寝かせます。

②まだまだ体が柔らかい赤ちゃんですので、横向きに寝ると自然に前か後ろにコロンと転がることがあります。このため、赤ちゃんの体をママと密着させるようにします。

③赤ちゃんの顔の正面におっぱいが来るようにします。赤ちゃんの口のところに乳首がくるようにします。

④月齢によっては、うまく乳首に赤ちゃんの口がこないときがあります。そういうときには、赤ちゃんの頭や肩などにタオルを敷くと高さが調整できます。

⑤そのまま寝てしまうこともあるため、赤ちゃんの頭の高さは無理のない姿勢になるよう、タオルの厚さや位置を考えてあげましょう。

ママの姿勢は・・?

ママもいつもの疲れから、ついウトウトしてしまうことも多々あるこの添い寝での授乳。

よく自分の頭をささえるのに、腕枕をしながら寝ている人も多くいらっしゃいますが、次第にしびれてきたりもしますよね。そんなときには、枕の下に腕をまげて入れたりすれば、ラクにできます。

そして、あいている腕で、赤ちゃんの体を支えてあげます。特に、まだ赤ちゃんは頭が重くてグラグラすることもあるので、頭部を支えてあげるようにするといいでしょう。

そのほかの重要な注意点

ゲップができない

添い乳をすると、うっかり寝てしまうことが多くあります。となると、ゲップをさせずに眠らせてしまうことに。特に日ごろからはきやすい赤ちゃんなら、気を付けて必ずゲップをさせてあげてから寝かせてあげましょう。また、吐いてしまったり、飲めなかった母乳が赤ちゃんの耳のなかに流れこむことがあります。これを放っておくと、中耳炎になってしまうことも。

まだ言葉がしゃべれない赤ちゃんの場合、中耳炎になって痛みを感じているために泣いているのか、それとも単なるおっぱいやおむつ交換のためなのか、わかりにくいです。中耳炎などにならないよう、ママが注意してみてあげましょう。

窒息させてしまう

うっかりウトウトしてしまうと、授乳中、赤ちゃんの口や鼻をおっぱいで圧迫してしまうことがあります。これでは、赤ちゃんは小さな口、鼻からも呼吸ができない状態となってしまいます。

早く気付けばいいのですが、窒息してしまうこともあるため、充分注意しましょう。ママも日ごろの疲れから、赤ちゃんのほうについ覆いかぶさるような姿勢になることもあります。そうならないように、赤ちゃんが寝入ったことを確認してから休むようにしたいものですね。

コメントは受け付けていません。