生後1~3ヶ月の授乳間隔と量について

赤ちゃんが生まれて生後3ヶ月までは、新しい生活が楽しくも大変な時期です。

この時期の赤ちゃんは様々な面で急速に成長していきますし、ママは赤ちゃんの体重や授乳、また妊娠が終わって普段の生活に復帰することになり、非常に忙しい時期です。

少しでも参考にできるよう、この時期の授乳間隔や量についてまとめてみました。

生後1ヶ月の授乳間隔や量

生後1ヶ月はまだ赤ちゃんも母乳を吸う力が弱く、あまり長い時間は母乳を飲むことができずに、ちょっと飲んですく眠ってしまいます。ママの方も、しっかり母乳が出せないことも多い時期で、お互いに新しい生活に慣れる時期と言えるでしょう。

この時期の授乳はとにかく頻繁です。1~2時間に一回のハイペースになることも少なくないですが、一日に何回飲ませても問題はないと言われています。欲しがるだけ与えてあげましょう。

母乳が充分に出ない場合にはミルクを与えることになりますが、ミルクは母乳に比べて高カロリーで腹持ちが良いので、少し時間が開きます。

母乳は欲しがるだけ与えて基本的に大丈夫ですが、ミルクの場合は与えるべき容量の目安が書いてあると思いますので、それに従って与えるようにしましょう。

とは言え、飲まない場合にムリに与える必要はなく、時間をおいて、再度母乳やミルクを与えればOKです。この時期、母乳は与えるほど出やすくなりますから、ママにとっても成長期間。母乳が出ないとミルクに逃げたくなりますが、少しずつチャレンジしましょう。

生後2ヶ月の授乳間隔や量

生後2ヶ月になればだいぶ生活もリズムが出てきてが落ち着いてきます。夜間の授乳が少し楽になったという人も多くなります。とはいえ、母乳をまとめて飲むことができるまではまだ少し早く、授乳間隔は日中は1~3時間おきになることが多いです。

夜間は多少減りますが、それほど大きくは変わらないことも多いです。一日の授乳回数はトータルで8~10回ほどになりますから、基本的に欲しがったら与えるというペースで構いません。

一回の授乳はあまり長くなりすぎないように左右10分ずつを目安にしましょう。この時期も母乳かミルクかで悩みますが、赤ちゃんの体重がよほど増えない限り、生後1ヶ月の頃と同じく、赤ちゃんが欲しがるタイミングで大丈夫です。

ただ、完全母乳に移行したい場合は徐々にミルクの量を減らすのが良いでしょう。急に移行するのではなく、週に1~2回ずつミルクの回を少なくします。

生後3ヶ月の授乳間隔や量

生後3ヶ月にもなれば、赤ちゃんはだいぶ人間らしさや個性が出てきます。赤ちゃんに満腹中枢ができる時期でもあり、ママが授乳をしながら満腹がわかる、そういったコミュニケーションができてくる時期です。

授乳の間隔も少し開いてきますが、だらだら長時間飲ませるよりも、時間を決めてその時間内に飲ませるようにしましょう。

赤ちゃんも口の筋肉が発達してきて、しっかり飲める時期ですから、遊び飲みがクセにならないように切り上げのタイミングを作りましょう。この時期の授乳間隔は6~8回程度がひとつの目安です。

完全母乳に移行したい人は体重増加に気をつけつつ、ミルクの回数を徐々に減らし、時には与えない日を作っても良いでしょう。

授乳について大事にするべきは何?

上記の時期については、何を大事にすべきかを定めておくことが大切です。というのは、医師や保健師など、関わってくれる方々は、それぞれの立場や考えをもってアドバイスをしてくれます。

「完全母乳がいい」
「今はミルクの方が栄養価が高い」
「体重の増減を重視するべきだ」
「リズムを作るためにも授乳回数に注意して」

いろんな言い方をされると思いますが、正解はありません。こういったアドバイスはひとつの参考でしかないのです。ですから、最も大事なことは、両親の間で重要視することをしっかり決めて、赤ちゃんがそれに満足し、しっかり成長していることです。

よほど成長曲線から外れているなら考え直す必要もあると思いますが、そうでない限りは、あまり気にしないのが一番です。変にストレスになることが母子の健康に良くありませんから、反応を見ながら自分たちのペースを作っていきましょう。

コメントは受け付けていません。