ミルクを飲まない時に考えるべき事

母乳育児で頑張ろうとは思っているけど、やむを得ない事情でミルクも飲ませているというママも少なくありません。母乳をあげられないからミルクにしたいわけですが、赤ちゃんがミルクを飲まないこともあります。
「なぜ飲まないのかしら?」と不安になってしまうものですが、赤ちゃんがミルクを飲まないとき、どういう考え方で接すればよいのか、次にご紹介していきましょう。

 

■ミルクの好み、哺乳瓶が合わないのかも
母乳のときには、喜んで飲んでくれているのにミルクとの混合栄養にしたら飲んでくれなくなった・・・という現象は、何も珍しいことではありません。逆に、ミルクを嫌がる赤ちゃんのほうが正常だといってもいいのです。ですから、ママとしてはあまり深く悩まずに赤ちゃんが気に入って飲んでくれることを試してみることをお勧めしたいと思います。

違うメーカーのミルクにしてみましょう

今まであげようとしていたメーカーのミルクは、もしかすると、赤ちゃんの好みに合わなかったのかもしれません。なぜなら、赤ちゃんにも嗜好があるからです。それぞれ違うママから生まれてきている赤ちゃんですから、すべての赤ちゃんが同じメーカーの味を好きになるとは限りません。

ミルクの温度を調節してみましょう

ミルクを溶かすお湯の温度を、いつもより少しだけあげてみたり、逆にさげてみたりしてみましょう。母乳で慣れた赤ちゃんは、母乳の温度に近いほうが飲みやすいのは確かですが、ミルクの味やにおいは、温度によって微妙に違ってくるものです。ミルクを飲まない時の考え方としては、赤ちゃんはにおいや味に敏感だということをちょっと思い出してみましょう。

違うメーカーの哺乳瓶に変えてみましょう

哺乳瓶の種類もいろいろあり、様々な材質のものが売られています。たとえば、プラスティック製のものやガラス製のものが一般的ですが、プラスティック製のものですと、プラスティック独特のにおいがミルクに移って嫌がるということもあるようです。
ガラス製は、扱いに注意が必要ですが、におい移りもなく、また、煮沸消毒が容易にできます。手持ちのお鍋でもすぐに煮沸消毒できますから、衛生的で経済的といえます。

 

■おなかがいっぱいになっているのかも

赤ちゃんは母乳、ミルクが主食なのだから、時間通りにあげなければ・・・と心配になってしまう気持ちもわかります。でも、赤ちゃんにも、「おなかがいっぱいで今は飲みたくない」という時があるのです。そんなときに無理にミルクを飲ませようとしても飲まないでしょう。まだおしゃべりができない赤ちゃんが、今はおなかがいっぱいなのかどうなのかがママにわかる「サイン」があります。

体重が増えていれば安心

一日あたり、18~30グラムずつ増えていれば、母乳だけでも大丈夫です。

吐き戻し

吐き戻しをしてしまうようなら、おなかがいっぱいなのに飲ませてしまっている、ということになります。

おしっこの量

1日のうち、6回以上おしっこが出ているようなら、飲む量としては十分です。

唸る赤ちゃんは与えすぎ

絶対とはいえませんが、よく唸っている赤ちゃんはおなかがいっぱいで気持ち悪く感じていることもあります。誰しもおなかがいっぱいの時に、食事をしたくないですよね。それと同じで、赤ちゃんもやはり空腹を感じて「飲みたい」欲求のもとに母乳やミルクを飲んでいます。ミルクの与えすぎにも注意しながら、母乳とミルクの混合栄養の調節、されてみてくださいね。

コメントは受け付けていません。