指しゃぶりを止めさせるコツと注意点

赤ちゃんが指しゃぶりを始めてしまい、悩んでいるというママがいらっしゃいます。指しゃぶりはなぜするのか、それを止めさせるコツと注意点は何なのか、見ていきましょう。

2~3カ月頃に指しゃぶり

赤ちゃんの月齢が2~3カ月頃から、指しゃぶりが見られることが多くなります。早い子では、妊娠中お腹のなかで指しゃぶりをする赤ちゃんもいます。でも、これは悪いことではなく、自然な行動です。というのも、「指しゃぶり」というのは、「吸てつ反射」といわれる本能的な行動なのです。これは、赤ちゃんがちゃんと口から栄養をとって生きていくための必要なトレーニングなのです。

おっぱいやミルクを飲むことは、生まれる前のお腹のなかでは必要のなかった行為ですが、赤ちゃんは「口に触れたものを吸う」という本能的な機能をもっています。それがなければ、生まれてからおっぱいを吸って栄養を摂取することはできないからですね。

なぜ指しゃぶり?

おっぱいやミルクを吸って飲むことができれば、指しゃぶりは必要ないと思われがちです。でも、なぜ指しゃぶりをするのでしょうか。たとえば、偶然、自分の手や指が口にふれて吸ってみたときに、ママのおっぱいを吸っているときを錯覚し、結果的に指しゃぶりをすることで安らぎを覚えるようになるのでしょう。

2~3カ月頃に指しゃぶりをするのは、おそらく成長の一つの過程にすぎないと思ってもいいでしょう。ということで、無理に指しゃぶりはやめさせることはしなくてもよいのです。なかには、足のゆびをしゃぶっている赤ちゃんもいますが、これもその赤ちゃんの成長にとって必要なことですから、別におかしいことではありません。

おなかが空いているの?

指しゃぶりをしているのを見ると、なんだかお腹が空いているのでは?と心配になってしまいます。でも、赤ちゃんにしてみれば成長の一環としておこなう自然な行為ですから、特に前の授乳時から時間がたっていなければ、あわてて授乳をする必要はありません。

指しゃぶりをやめさせようとすると?

ママとしては、赤ちゃんがしょっちゅう指しゃぶりをしていると心配になって、みつけ次第注意してしまうことがあると思います。たとえば、対策としては次のようなものがあると思います。
●絆創膏を貼る
●リボンをまく

このようなことをしてしまっているママもきっといるのではないでしょうか。でも、これらの対策は「指しゃぶりなんて恥ずかしい」という大人の側の勝手なわがままともいえます。このような「対策」をして子供は指しゃぶりをやめるでしょうか。おそらく、大半のお子さんはこのような大人の都合でたてられた対策によっては、指しゃぶりをやめないことでしょう。

子供は必要があるからその行為をしているのであって、別に大人を困らせようとしてしているのではありません。こういうことを踏まえて、子供に指しゃぶりを無理にやめさせることをせずに、大きな心で見守ることが必要です。たとえば、おしゃぶりをくわえさせるという方法でもよいかもしれません。というのは、子供の「指しゃぶり」を「おしゃぶり」に変えても子供の心を満足させ癒す「しゃぶる」という行為そのものは強制的にやめさせてはいないからです。

就職中の無意識な指しゃぶり

子供のなかには、寝るときに何かを吸いながら、つまり指しゃぶりをしながら寝るという子がいます。また、夜の睡眠の度合いが浅くなっているときに指しゃぶりをするという子供もいます。寝る直前の指しゃぶりを改善していこうというときには、別のものつまり、別の儀式になるようなものを考えてあげましょう。指しゃぶりが入眠の儀式になってしまっているなら、読み聞かせやオルゴール、天井にきれいな絵が映し出される明かりなどや童謡、そのお子さんが好きなものを中心に考えてあげるといいでしょう。

注意してあげたい指しゃぶり

一日中、ずっと指しゃぶりをしていると、かみ合わせが悪くなる可能性が出てきます。かみ合わせは見た目の問題だけでなく、食べ物をきちんと噛めないことによる胃腸の不調などにつながることもあります。また、前歯にできた隙間から空気がもれてしまうため、言葉の発音が正常にしにくい、という可能性もあります。

このほか、指の皮がめくれてきたり、化膿する場合もあり、皮膚科を受診する必要性も出てくるかもしれません。こういった状態になる前に、改善できればよいのですが、できなかった場合には、指しゃぶりを予防するグッズがありますので、一度試してみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。