赤ちゃんにゲップをさせる理由とさせるコツ

赤ちゃんへのミルクや授乳にはいろいろと技術が必要です。大人であれば当たり前にできることも、赤ちゃんは未発達なために、親が協力してあげなければなりません。

そういったことのひとつが「げっぷ」です。大人ならそれほど多くはありませんし、必要な時には自然と出てきますが、赤ちゃんは自分でできない上、毎食後と言っていいほど頻繁にさせてあげる必要があるのです。

どうして赤ちゃんにはげっぷが必要?

頻繁にさせる必要があるとは言いますが、これはどうしてでしょうか。赤ちゃんは様々な器官が未発達であるために、ミルクや母乳と一緒に空気を飲み込んでしまうことも多いからです。

赤ちゃんはのどの構造が大人と違っていて、鼻呼吸が上手にできるため、息継ぎなしだとしてもミルクや母乳を飲み続けることができます。

この時、空気も一緒に飲んでいることが多く、それが胃の中にたまると消化を悪くしたり、嘔吐や気道を詰まらせる原因になります。ですから、げっぷをさせることは赤ちゃんの健康のためにも重要なのですね。

赤ちゃんにげっぷをさせるコツ

そうは言っても、他人にげっぷをさせたことのある人はほとんどいません。基本は空気が入っている胃を刺激して、胃が自ら空気を追い出すようにすること。そのためのコツをいくつか紹介しましょう。

縦抱きで背中をトントンと叩く

最もポピュラーな方法がこれです。赤ちゃんを立て抱きして、胸や肩の高さまで上げ、背中を優しく叩きます。赤ちゃんの頭が水平もしくはやや下向きになるくらいの方が良いでしょう。

強く叩くと、空気と一緒に吐いてしまうこともありますので注意しましょう。嘔吐に備えて、肩や胸にタオルやガーゼを乗せておくと良いです。

うつぶせ抱きで背中をトントンする

上記の方法と姿勢が違いますが基本は同じです。赤ちゃんを膝に乗せて、赤ちゃんの前側に腕をまわし、うつぶせになるような姿勢になるように抱っこし、背中を優しく叩きます。赤ちゃんの口と鼻がふさがらないように注意しましょう。

背中を丸めて下から上にさする

赤ちゃんのお尻を腕に乗せるようにして、背中が少し丸まるように縦抱きします。そのままの姿勢で胃から上に向けてやさしくさすってあげましょう。「出て行けー」という気持ちでさすってあげると効果的です。

うまくげっぷをさせてあげられないと吐いてしまうことが多く、栄養が不足したり、赤ちゃんにも負担となりますから、できる限りげっぷはさせてあげましょう。

赤ちゃんが食後に機嫌が良くない場合はげっぷがしたいことも多いです。強くさすったり叩いたりしても、驚いたり、嘔吐を引き起こしてしまうので、姿勢を変えたりしながら優しくさすったり叩いたりしてくださいね。

ただ、上記の方法でげっぷが出なくても、焦る必要はありません。出ないときは出ないし、出るときは出るのがげっぷというものなのです。

コメントは受け付けていません。